トップページ > エンタメ > スタッフブログ「ウラゴバ」 > 読書感想文

京都の情報誌「ゴ・バーン」スタッフが京都を上ル下ル!!
京都の話題やオイシイ情報満載の裏話ブログ

2016.07.26(火)

「帰ってきたヒトラー」感想文

というわけでおつかれさまです。
スタッフKTことくまです。


ゴ・バーンの誌面に毎号掲載されている、Culture Infomationの「本がくれた忘れられない言葉」
毎回、大垣書店の店員さんによるおすすめポイントのコラムがご好評いただいております。

本好きのくまはいつも記事を楽しみにしているのですが、
今回は好きが高じて真似をしてみたいと思います。
ご紹介する本は映画化もされて話題の「帰ってきたヒトラー」です!


以下、本文よりの引用です。

「結局のところ○○はー私のこれまでの観察からして、ほぼ確実にー添え物のような管理職人間にすぎない。この手の人間はいつも、自分の関与なしには万事はうまく運ばないと信じ込んでいる。今この状況で私は、こうした人間には十分すぎるほど注意すべきだろう。(中略)
だが、どんなときにも自分がいなければならないと思い込んでいる○○のような人物はたいていの場合、いなくてもぜんぜんかまわないか、いても役に立たないかのどちらかだ。いや、役に立たずにすめば、まだましなほうだ。彼らの存在ののために最大級の損害が引き起こされてしまうことも、けっして珍しくはないのだから」
「帰ってきたヒトラー」下巻より引用


こんな人、いますよね!
○○には作中の人物名が入るのですが、自分の周辺にまさにこの通りの人がいるので、あえて○○にしました。
とかなんとかいいながら、「おまえもそうじゃん」と言われないよう、気をつけたいと思う次第でございます。そんな自戒の念も込めまして、今回ご紹介させていただきました。

それにしても、引用が長すぎたかな。
これだと"忘れられない言葉"ではなく、"忘れられない文章"か...


160726_01.jpg

ティメール・ヴェルメシュ著 森内薫訳/
2016年/河出文庫/640円(税別)

ページ:1

ページトップへ戻る

2016.7
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ゴ・バーン
京都の衣・食・住・美ならおまかせ!の情報誌ゴ・バーンスタッフが、取材中のあれこれや裏話をお届けします☆

【スタッフO.T】

山男

【スタッフY.Y】

んーふっふっふ。天然ガール。

【スタッフA.S】

スーが口ぐせ 我らの王子

【スタッフY.T】

週5で柄シャツ ロマンチストパパ

【スタッフK.T】

酒と涙とチワワとBUCK-TICK

【スタッフM.D】

丹後から上京して来たサブカルメガネ

【スタッフO.R】

ガッツポーズが京都一似合わない男

【スタッフY.M】

元気いっぱいフレッシュ茨城娘!

【スタッフK.S】

いつも小走りの癒し系。

【スタッフM.A】

優しさ溢れる愛されキャラ

注目のコンテンツ