トップページ > エンタメ > スタッフブログ「ウラゴバ」 > 2017年1月の記事

京都の情報誌「ゴ・バーン」スタッフが京都を上ル下ル!!
京都の話題やオイシイ情報満載の裏話ブログ

2017.01.31(火)

あめ、あ〜が〜りの〜そらに〜

お久しぶりです。タケです。
本年初ブログです!
あけましておめでとうございます!

正月は雪降らなかったので雪かきせずに済みました〜


さてさて、今回はジェイアール京都伊勢丹さま7階で行なわれている「清川あさみ展」に行ってきました!



今、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のオープニングにも作品が起用されているので、知っている方も多いのでは?

清川あさみ展では写真や小説、楽譜に直接刺繍をするという斬新なのにとても繊細なアートがずらりと飾ってあります!
(俺がやったら絶対オカンにシバかれたやろな...)

展覧会会場限定のチョコレートも売ってますよ〜
中身はモロゾフ!美味しくないわけがない!
缶が...芸術的...

170131_01.jpg

「清川あさみ展」は2/14(木)までやってます!
まだ見ていない人は是非見に行っていただいて、
彼女が見た世界を垣間見てください!!

ではでは〜

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

清川あさみ展:
ジェイアール京都伊勢丹さま7階隣接美術館「えき」KYOTO
開館時間:午前10時~午後8時
入館締切:閉館30分前
休館日:ジェイアール京都伊勢丹に準ずる。

2017.01.30(月)

京野菜のブランドったらねぇよな

前の雪はなんだったんでしょう。
ゴ・バーン新人スタッフのダーツーです。


少し前になりますが、東京に住んでる友人に
「知り合いが京都に行くからなんか京都らしいいいお店知らない?」
と聞かれたので、「ここら屋 御幸町本店」を紹介しました。

170130_01.jpg

ここは季節の京野菜で作る「おばんざい」屋さんです。
京都に暮らしていたら一度は目にしたことあるでしょう、野菜を並べるこの店構えに。
京都らしいかどうかは正直わかりませんんが、とにかく何を食べても美味しい。
自分も友人から教えてもらったのですが、その友人曰く
「農協で働く父も認めた野菜だった」
と言わしめたお店です。なんて説得力のある誘い文句でしょうか。
安心して紹介できます。

170130_02.jpg

さぞ、満足してくれただろうと思っていたら、東京の友人から
「この店 東京にもあるじゃねぇか」
と突っ込まれてしまいました。なんと、「中目黒店」「上目黒店」があったのです。
「うまかったからしいから許す。今度、目黒店行くよ」
と言われましが、なんとも複雑な思いをしました。


ここら屋 御幸町本店 (ここらや)
京都市中京区御幸町通三条下ル海老屋町332-13
075-211-3348
11:30~14:30(売切れ次第終了)
18:00~21:00
ランチ営業、日曜営業

2017.01.27(金)

憧れのエンボカ

皆さん、こんにちは!
体調は如何ですか?
 
スタッフまるです〇

 
今年のお正月、母とぷらぷらおでかけ中、
帰って食べるのもめんどくさくなって
夜ごはんもうこのまま食べて帰ろう!ということで。(みやこあるある)
  
母の提案で思いついたのが「エンボカ京都」さん。
窯焼きピザが有名な人気店です。
 
ダメもとで電話したら、「2名、今から大丈夫ですよ~」と。
偶然にも席が空いててラッキーでした☆
 
170127_04.jpg
本日の窯焼き野菜の盛り合わせ
 
新鮮なお野菜を窯焼きすることで、
それぞれのお野菜の甘味がじゅわーーーっと引き出されます。
かぶら、金時人参、しいたけ、さつまいもなど...
見た目も色鮮やかな一皿。シンプルに岩塩でいただきます。
 
170127_01.jpg
生ハム盛り合わせ。
あと、なんかのサラダも頼みましたが撮るの忘れました。
 
170127_03.jpg
お待ちかね!メインのピザはハーフ&ハーフで楽しめます。
 
①クアトロフォルマッジ(4種のチーズ)
②れんこん(バジルソース・松の実・バルジャミーノ)
 
の2種類ををセレクト。
 
①は4種類のチーズが重なって、とろとろ~しあわせ~(^-^)
②はれんこんのしゃきしゃきもっちり感とバルジャミーノソースがすごく合います。
 
とにかくピザ生地が香ばしくってもちもちで、
なんとも言えない美味しいごちそうピザでした。
 
その時期限定の、季節のピザも用意されているようで一年を通じて楽しめますね。
 
エンボカさんは東京などにもあるそうです。
店内もゆったりしていて、サービスもとっても心地いいお店でした。
 
170127_02.jpg
 
 
エンボカ京都
京都市中京区西洞院六角下ル池須町406
TEL:075-253-0870
※予約制
 
 
〇お〇ま〇け〇
 
よく考えたら、母親と二人でこんなに長時間過ごすなんて、
何年ぶりでしょうか。
 
朝の11:00位にバス停で待ち合わせをしてから、
岡崎のロームシアターへ。
 
その後、四条で買い物して、
エンボカさんいって、コーヒー飲んで~
 
夜の22:00ぐらいまでかな。
 
なんか色々思うことがありましたが。

2017.01.26(木)

目指せ!快眠生活

というわけでおつかれさまです。
スタッフK.Tことくまです。


現在展開中のゴ・バーン146号は「楽しいねむり good sleep good life」と題して、
「生活習慣の中の睡眠」を見直し、グッドでハッピーなねむりを提案する特集を行っております。

P12〜13でご紹介させていただいたオムロンさんの「ねむり時計」は、
寝つくまでの時間や起きるまでにかかった時間などを測定し、
スマートフォンアプリと連動することで、
いろいろな角度から眠りを見える化して良い眠りをサポートするという優れもの。

実は、スタッフくまはうまく眠りがコントロールできず、夜あまり眠れないタイプ。
夜ふとんに入ると急に目がさえてしまい、なかなか寝つくことができず、
結果1〜2時間ほどしか眠れなかった、ということがざらにあります。
おかげで仕事中に眠くなるときたもんだ。

というわけで、今回の特集をきっかけに自分の眠りを見直そうと思い、
「ねむり時計」を試してみようと思いたったのでございます。

170125_01.jpg
こちらがねむり時計。丸っこいデザインがラブリー。

使い方ですが、
まず、アプリ「OMRONねむり時間計」をダウンロード。
設定を終えたら枕元に置いて寝るだけ。
翌日起床後にアラームを止めることで測定終了です。

さて、1週間ほど使ってみた結果ですが...

170125_02.jpg
1日グラフ。睡眠時間2時間27分...

170125_03.jpg
週間グラフ。ちゃんと寝たのは測定初日だけ...

170125_04.jpg
「体内時計」で睡眠のバラつきをチェック。

気になる睡眠タイプは...
170125_05.jpg
夜型のフクロウタイプ。
やっぱりな...

う〜ん、やはりあまりよくないですな。
睡眠時間の不足や眠りのリズもの乱れは健康に悪影響を与えるそうです。
不眠は日中の集中力や作業効率、メタボ、お肌などによくないそうな。
スタッフくまはメタボは大丈夫なんですが、作業効率や肌荒れは非常に気になるところ。
しばらく「ねむり時計」で測定を続け、眠りの改善を目指そうと思います。
なにか変化が出たらまたお伝えします。いい報告ができればいいなあ。
目指せ、快眠生活!

2017.01.23(月)

うちのおじいさんも子供の頃、自分で捕って食べてたとか言っていました

新品のヒートテックがこんなにも暖かいなんて。
ゴ・バーン新人スタッフのダーツーです。


今日も雪がちらつく中、先週に引き続き伏見稲荷大社に行ってまいりました。
しかし、今回は稲荷さんが目的ではなくある「食べ物」がお目当てです。

それは、「すずめの丸焼き」

えっ!と思われるかもしれませんが、チュンチュンと鳴くあの可愛い「すずめ」です。
今となっては珍しいですが、うちのおじいさんいわく、昔は焼き鳥屋でも普通にあったらしいです。
もちろんですが、今は鳥獣保護法によって好き勝手に捕るのは禁止されています。
ちゃんと、狩猟免許を持った人が定められた狩猟期間に適切な方法と場所で狩猟したものではないと食べてはいけません。

そんなすずめですが、今では捕獲量の減少ともに流通経路もとうの昔にほとんどが消滅しており、普通に食べられるところはまずありません。
そんな中、伏見稲荷は名物として「すずめの丸焼きを」提供しています。
すずめは稲の天敵。「稲荷」の名の通り、伏見稲荷はもともと穀物の神様を祭っており、
農家の方々にとっての商売敵を焼いて食べてしまえ、という縁起物として残っているとか。

それでも、稲荷大社周辺ですずめをたべれるお店は2店舗しかありません。
そのうちの「稲福」というお店ですずめをいただきました。
縁起物だし身もスカスカで美味しいものではないんだろうなと思っていましたが、びっくりしました。美味です。身と一緒に骨もくちばしもパリパリたべれ、鳥を丸ごとたべてる感じです。
頭の部分をかじると、脳みそがトロッとしたレバーのような味で、病みつきになりそうです。
どちらかというと珍味なので好き嫌いがあると思いますが、訪れた時は是非たべてみてください。


最後に写真を載せますが、ありのままの姿なので苦手な人は気をつけてください。



稲福:(すずめは時期によって食べられないこともあります)
京都市伏見区深草開土町2-4
075-641-3696
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日

ページ:1  2

ページトップへ戻る

2017.2
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ゴ・バーン
京都の衣・食・住・美ならおまかせ!の情報誌ゴ・バーンスタッフが、取材中のあれこれや裏話をお届けします☆

【スタッフO.T】

山男

【スタッフY.Y】

んーふっふっふ。天然ガール。

【スタッフA.S】

スーが口ぐせ 我らの王子

【スタッフY.T】

週5で柄シャツ ロマンチストパパ

【スタッフK.T】

酒と涙とチワワとBUCK-TICK

【スタッフM.D】

丹後から上京して来たサブカルメガネ

【スタッフO.R】

ガッツポーズが京都一似合わない男

【スタッフY.M】

元気いっぱいフレッシュ茨城娘!

【スタッフK.S】

いつも小走りの癒し系。

【スタッフM.A】

優しさ溢れる愛されキャラ

注目のコンテンツ